So-net無料ブログ作成
ドミニカ共和国 ブログトップ
前の10件 | -

ドミニカ共和国大統領選 与党が勝利 [ドミニカ共和国]

20日行われたドミニカ共和国の大統領選で、与党PLD(Partido de la Liberación Dominicana)が勝利。47.35%の開票時点で野党に5ポイント差をつけ、PLDのダニーロ・メディーナ氏(Danilo Medina)が元大統領のイポリト・メヒーア氏(Hipólito Mejía)を破り次期大統領に確定。勝利宣言を行った。

タグ:政治

ドミニカ共和国とハイチ 大統領失脚の陰謀を告発 [ドミニカ共和国]

ドミニカ共和国政府とハイチ政府は、ハイチのミシェル・マテリ大統領(Michel Martelly)を失脚させる陰謀があることを告発した。13日の報道によると、陰謀を企てているのはドミニカ共和国の元大佐“ペペ・ゴイコ Pepe Goico”ことペドロ・ゴイコ・ゲレーロ氏(Pedro Julio Goico Guerrero)で、ドミニカ共和国の前大統領イポリト・メヒーア氏(Hipólito Mejía)に近い人物と目されている。メヒーア氏は5月20日に行われる次期大統領選で返り咲きを狙い、何らかの目的からハイチ大統領のマテリ氏のネガティブ・キャンペーンを企てていたものとみられる。
タグ:政治

スペインの企業家 ドミニカ共和国で殺害される [ドミニカ共和国]

スペインの企業家アントニオ・クレスポ氏(Antonio Crespo)が、先月29日からドミニカ共和国で行方不明になっていた事件で、7日、同氏の遺体が発見された。場所はドミニカ共和国バーバロ地区のオジョ・デ・フリウサ(Hoyo de Friusa, Zona de Playa Bávaro)で、同氏の遺体はかなり腐敗が進んでいたという。現地治安当局は同事件に絡み3人の容疑者を逮捕したが、うち1人がスペイン人女性であったことからスペイン本国で話題となっている。ドミニカ共和国では近年治安が急激に悪化しており、外国人の殺害・襲撃事件が後を絶たない。
タグ:事件

ドミニカ共和国でコレラ感染者拡大 [ドミニカ共和国]

ドミニカ共和国保健省疫学総局の最新データによると、2011年10月29日までの約1年間に、ドミニカ共和国で19,773人がコレラ様の症状を呈し、これらのうちの8,106人にコレラ感染が確認された。またコレラによる死亡と疑われる者は343人で、そのうち149人が確認検査で陽性であった。一方、ハイチではこれまでに47万5千人以上がコレラに感染し、7千人程が死亡している。
(在ドミニカ共和国日本大使館「安全情報レポート」より引用)

タグ:保健 社会 医療

ドミニカ共和国 2011年の死者2,300人を超える [ドミニカ共和国]

2011年1月から12月第2週までに、ドミニカ共和国国内では少なくとも2,300人が殺害されており、その多くが麻薬カルテルの犯行や組織同士の抗争に絡んだものとみられている。ドミニカ共和国治安当局は、22日にコカインやエクスタシーなど、8.5トンもの押収麻薬を焼却処分したばかり。
タグ:社会 事件

ドミニカ共和国で児童ポルノ組織摘発 [ドミニカ共和国]

9日の報道によると、ドミニカ共和国警察当局は、ハイチとの国境近くで児童ポルノ組織を摘発した。逮捕されたのはドイツ人の男(53)とドミニカ人の女。他、もう一人ドイツ人の男を追跡中。摘発された組織は、ドミニカ共和国第二の都市サンティアゴやハイチとの国境にほど近いダハボン県で、10歳から15歳のドミニカ人少女やハイチ人少女に対し売春を斡旋していた他、児童ポルノを拡散したとされる。
タグ:事件

ハリケーン“イレーネ” ドミニカ共和国で猛威 [ドミニカ共和国]

現在カリブ全域で猛威をふるうハリケーン“イレーネ(アイリーン)”により、ドミニカ共和国で少なくとも3万7千人の避難民が発生。既に3人の死者をもたらした。今後数時間内で死者の数は更に増える見通し。
タグ:災害

ドミニカ共和国元大統領 死去 [ドミニカ共和国]

26日、ドミニカ共和国で1982年から1986年の間大統領を務めたサルバドール・ホルヘ・ブランコ氏(Salvador Jorge Blanco)が死去した。享年84歳。同氏は脳出血により一カ月あまり昏睡状態が続いていた。
タグ:政治

ハイチのコレラ ドミニカ共和国に到達 [ドミニカ共和国]

17日、ドミニカ共和国でコレラ患者が確認された。同国在住のハイチ人(32歳)が嘔吐を繰り返しており、休暇中にハイチへ帰国した際に感染したとみられる。現在、同人はドミニカ共和国の首都サントドミンゴから東へ147kmに所在する地方都市イグエイ(Higuey)の病院で治療を受けている。ハイチでのコレラによる死者は既に千人を超えており、今後、カリブ全域でコレラが蔓延することが懸念されている。
タグ:保健

福岡ソング ラテン・グラミーを獲得 [ドミニカ共和国]

11日、米国ラスベガスで行われたラテン・グラミーの授賞式で、ドミニカ共和国のフアン・ルイス・ゲーラ(Juan Luis Guerra)が新曲“バチャータ・エン・フクオカ(Bachata en Fukuoka)”でラテン・グラミーを受賞。メキシコのトリオ、カミーラ(Camila)とアルゼンチンのロックミュージシャン、グスターボ・セラティ(Gustavo Cerati)との同時受賞。フアン・ルイス・ゲーラは昨年8月に日本を訪れ、福岡でライブを行った際に地元の人々に触発されて“バチャータ・エン・フクオカ”を書きあげたという。
タグ:文化
前の10件 | - ドミニカ共和国 ブログトップ