So-net無料ブログ作成
コスタリカ ブログトップ
前の10件 | -

コスタリカでM7.6の地震発生 [コスタリカ]

5日午前、コスタリカでM7.6の地震が発生した。パナマやニカラグアでも揺れを感じたという。赤十字の発表によると、55歳女性が心臓発作で死亡したという。この地震に伴い、コスタリカ各地で停電が起きている。震源の深さは20~40km。震源地は同国北東部。震度6.7の揺れを観測したという。
タグ:災害
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカ元大統領 禁固5年の有罪判決 [コスタリカ]

27日、コスタリカで1998年から2002年まで大統領を務めたミゲル・アンヘル・ロドリゲス氏(Miguel Ángel Rodríguez)の、汚職の罪による禁固5年の有罪判決が確定した。コスタリカでは2009年にも、ラファエル・アンヘル・カルデロン元大統領(Rafael Ángel Calderon)が、同様に汚職の罪で禁固5年の有罪判決が下されている。
タグ:政治
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカ ニカラグアを安保理で告訴か [コスタリカ]

12月1日、コスタリカのレネー・カストロ外相(René Castro)は、ニカラグアによって10月21日に侵略された同国北東部のイスラ・カレーロとサン・フアン川一帯について、一両日中に国連安保理に告訴する決断を下した。コスタリカはハーグの国際司法裁判所や米州機構を通じて同問題の解決を試みていたが、正規の軍を持たず永世中立を掲げるコスタリカをニカラグアは“与しやすい相手”とみなし、米州機構の度重なる勧告にも応じず軍の駐留を続けている。一方、コスタリカのチンチージャ大統領は「ニカラグアによるこれ以上の領土侵略は許さない」と“怒髪天を突く”様子で武装警官らを国境地帯へ大幅に増派し徹底抗戦の構え。両国の緊張が一段と高まっている。
タグ:政治
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカ国境 ニカラグアに占領される [コスタリカ]

ニカラグア国境にほど近いコスタリカ領カレーロ島(Isla Calero)を含むサン・フアン川一帯がニカラグア軍によって占領された問題で、米州機構のインスルサ事務総長は明日8日同島を訪問し、コスタリカのチンチージャ大統領と懇談する。コスタリカ政府は同問題を国連の安全保障理事会に提訴する構えだが、永世中立を掲げ正規の軍を持たないコスタリカをニカラグアは“与しやすい相手”と捉え、カレーロ島が自国領であることを主張、一歩も引く気配はない。6日夜、グーグルは同社サービスの“グーグル・マップ”にてカレーロ島を“係争地”に書き換えた。
タグ:政治 事件
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカ 地滑りで少なくとも23人死亡 [コスタリカ]

4日にコスタリカの首都サン・ホセから10kmに所在する集落サン・アントニオ・デ・エスカス(San Antonio de Escazú)で発生した地滑りと洪水による死者は、5日までに少なくとも23人、行方不明者は少なくとも30人となっている。
タグ:災害
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ニカラグアがコスタリカ国境を侵犯 緊張高まる [コスタリカ]

21日、ニカラグアの武装組織がコスタリカ国境のサン・フアン川を越え領土侵犯。コスタリカのチンチージャ政権はニカラグアを告発し、国境に武装警官70人を派遣。両国の緊張が高まっている。コスタリカ安全保障相のホセ・マリア・ティヘリーノ氏は、ニカラグア側の国境侵犯について「軍であるかどうかはまだ確認がとれない」としている。
タグ:政治 事件
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカ 初の女性大統領就任 [コスタリカ]

8日、コスタリカの第49代大統領にラウラ・チンチージャ・ミラーダ女史(51歳)が就任。前大統領のオスカル・アリアス氏から職を引き継いだ。就任式にはスペインのフェリペ王太子(アストゥリアス公)など要人が参列。チンチージャ氏は会場に集まった1万人の聴衆を前に宣誓を行った。チンチージャ氏は、社会民主主義政党である国民解放党から当選。保守的な政治家としても知られる。
タグ:政治
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカ 中国とFTA締結 [コスタリカ]

8日、中米コスタリカは中国とFTA自由貿易協定を締結。両国の貿易・投資拡大に向けた動きが高まっている。中国はコスタリカの他、2006年にはチリと、2010年にはペルーとFTAを締結しており、経済発展著しく天然資源も豊富な中南米に熱い視線を送っている。コスタリカは従来台湾と国交を結んでいたが、莫大な援助を台湾から受けていながらコスタリカのアリアス大統領(ノーベル平和賞、アルベルト・シュバイツァー人道賞を受賞)は「援助額が少ない」ことを理由に2007年6月台湾と断交、代わって中国と国交を樹立した。中南米諸国における外交は、しょせん金の切れ目が縁の切れ目。国際競争力を高める中国が凋落著しい日本にとって代わって中南米の経済に多大な影響力を持ち始めている。
タグ:経済
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカ初の女性大統領誕生 [コスタリカ]

7日、アリアス大統領の任期満了に伴う中米コスタリカの大統領選挙で、中道左派・国民自由党PLNのラウラ・チンチージャ元副大統領(50歳)がおよそ47%の得票を得、同国初の女性大統領が誕生する見通しとなった。チンチージャ氏は、アリアス大統領の経済界寄りの政策を継続し、自由貿易協定を拡大させる方針を掲げていた。一方、チンチージャ氏は保守系の政治家としても知られ、同性婚や人工妊娠中絶に反対する姿勢を掲げているほか、麻薬密売業者との対決姿勢を打ち出している。
タグ:政治
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アリアス大統領 体調安定 [コスタリカ]

12日、コスタリカ大統領府で閣僚らが記者会見を行い、先日、新型インフルエンザに感染し、現在、自宅療養中のアリアス大統領について報告した。アリアス大統領の容体は安定しており、電話やインターネットなどの通信手段を用いて業務を行っているとの事。声を聞く限り健康な様子で、自宅から外出することなく、大統領政令に署名したとの事。
タグ:社会
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - コスタリカ ブログトップ